« 2009年三日目…! | トップページ | 初詣 »

2009年1月 4日 (日)

『天地人』本日放送スタート!!

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ←ポチっと押してね!

いよいよ『天地人』が始まりますね~!

第1回目は「五歳の家臣」です。

1月4日本日、午後8時から75分の拡大で放送されます。

(BSは午後6時、衛星第2は午後10時5分です)

天正14年(1586年)、舞台は大坂城。

上杉家家臣の直江兼続妻夫木聡)は、主君の上杉景勝北村一輝)と共に、豊臣秀吉笹野高史)に謁見しているところから始まるようです。

この頃には兼続の武将としての有能さは諸国に知れ渡っていて、秀吉兼続を自らの家臣にしようと呼び寄せていました。

(後に武功を挙げた兼続は秀吉から『豊臣』の性を授けられます)

兼続が優れた武将に育つきっかけとなったのが、永禄7年(1564年)越後・上田庄で起きた事件です。

坂戸城主・長尾政景村田一道)が、上杉輝虎(後の謙信阿部寛)の参謀・宇佐美定満真木仁)と、野尻湖で溺死。

長尾家の家臣たちは、輝虎が仕組んだ暗殺と思い込み、すぐに城に集まり戦の準備していました。

その混乱する城内には与六(後の兼続)の父・樋口惣右衛門高嶋政伸)の姿もありました。

そこに突如輝虎(謙信)が現れ、残された政景の妻・高島礼子)と10歳の息子・喜平次(後の景勝溝口琢矢)と対面します。

上杉謙信の実姉で、後に仙桃院となる人物です)

その年の秋、輝虎喜平次を狩に連れだし自らの養子にすると伝えます。

そして喜平次は坂戸にある寺・『雲洞庵』で、武将としての修業を始めました。

その一方で、5歳の与六(後の兼続加藤清史郎)は将来、喜平次の家臣になるため、親元から離れ、同じ『雲洞庵』で喜平次と共に生活を始めます。

天地人〈上〉天の巻   天地人〈中〉地の巻   天地人〈下〉人の巻

一回目の放送はこんなところですかね~!!

調べるのに疲れました(ノ_-。)

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 30代オヤジへにほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 北海道情報へ

↑↑ランキングに参加してます!!

押していただけると励みになりますので応援よろしくお願いします!!

|

« 2009年三日目…! | トップページ | 初詣 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2009年三日目…! | トップページ | 初詣 »