« ストーブ復活!! | トップページ | 久々…飲み会!! »

2009年3月 1日 (日)

天地人 『上杉景虎』

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 30代オヤジへ←応援一票よろしくお願いしますo(_ _)oペコッ

明日の『天地人』謙信が病に倒れ、いよいよ御館の乱へ入っていきますので、今日は『上杉景虎』について書きます。

景虎は、景勝と同じく上杉謙信の養子で、大河ドラマでは玉山鉄二が演じていますね!!

(上杉謙信は毘沙門天に生涯独身を誓ったため、妻を娶りませんでした。)

実父は北条氏康で、もとは北条三郎を名乗っていました。

氏康の七男だったため幼少時は、箱根早雲寺に僧として過ごし、北条氏康武田信玄今川義元三国同盟が成立すると武田家に人質として送られます。(否定説もありますが)

元亀元年(1570年)、北条氏康が上杉輝虎(謙信)と和睦して越相同盟が結ばれた際に、謙信の養子(人質)として上杉家にはいります。

謙信は美男で聡明な三郎を大いに気に入ったと言われ、姪の越後長尾家の一門・長尾政景の娘(上杉景勝の姉)を妻として与え、自身の名乗りであった「景虎」を継がせて、春日山城三の丸に住居を与えるなど、上杉一門として厚遇していました。

元亀2年(1571年)、父氏康の死後、兄氏政が北条家を継ぎ、武田家に鞍替えして同盟を結んだため、謙信との同盟は破棄されますが、そのまま越後へ留まりました。

景虎の初陣は、元亀3年(1572年)謙信による一向一揆の鎮圧戦といわれています。

天正6年(1578年)3月13日、謙信が病没すると、義兄弟の景勝と家督を巡って対立。

これが御館の乱です。(これからの大河ドラマではこの事件が軸となるでしょう!!)

景虎上杉景信本庄秀綱北条高広らの支持を集め、実家である北条家とその同盟国である武田家の後ろ盾もあり、当初は優勢でした。

景勝側はいち早く春日山城本丸・金蔵を奪取、謙信の後継者は景勝であると称します。

景虎は妻子らを連れて春日山城を脱出し、城下にある御館上杉憲政の屋敷)に立て籠もります。

そして北条家はひとまず武田へ景虎への援軍を打診し、武田軍が越後へと入りました。

しかし、景勝側は春日山城内の黄金を大いに使い、武田勝頼に対し多量の黄金の譲渡と上野沼田の割譲・武田氏との同盟を提案します。

武田氏は同時に景虎方とも交渉を進めていましたが、景虎方は武田へ十分な条件を提示することが出来ず、勝頼景勝方を支持することになります。

初めは優勢でだった景虎側は武田軍の支援を失い次第に劣勢へと追い詰められていき、8月には勝頼の調停により、景虎は一時的に景勝と和睦しますが、すぐに破綻しました。

翌・天正7年(1579年)、雪で北条家からの援軍も望めない中で御館は落城、景虎正室は実弟・景勝による降伏勧告を拒絶して自害し、また嫡男道満丸も憲政に連れられ景勝の陣へと向かう途中に憲政ともども景勝の兵によって殺害され、無援となった景虎は実兄の北条氏政を頼って小田原城に逃れようとしました。

しかし、その途上において鮫ヶ尾城主・堀江宗親の謀反に遭って自害しました。(享年26)

この事件の後、正式に景勝が上杉の家督継ぎ、兼続とともに世に出ていくことになるでしょう!!

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 30代オヤジへにほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 北海道情報へ

↑↑ブログ村ランキングに参加してます。

押していただけると《励み》になりますので応援よろしくお願いします(*゚▽゚)ノ彡

|

« ストーブ復活!! | トップページ | 久々…飲み会!! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ストーブ復活!! | トップページ | 久々…飲み会!! »