« ほぼ初めての美容室!! | トップページ | いかめし!? »

2009年3月22日 (日)

天地人 『上杉憲政』

ブログランキング・にほんブログ村へ←一日一票よろしくお願いしますm(_ _)m

ここ最近の天地人は謙信公が死去してから、景勝と景虎とのお家騒動である『御館の乱』が物語が中心になっています。

今日はこの事件の主戦場にもなった「御館」に住んでいた上杉家前当主の「上杉憲政」について語ります。

大永3年(1523年)、上杉憲房の子として生まれ、大永5年(1525年)に父が死去したとき、まだ3歳という幼少であったため父の養子であった上杉憲寛(古河公方足利高基の子)が家督を継いで当主となりましたが、享禄4年(1531年)、憲寛を追放して山内上杉家の家督を継ぎ関東管領となりました。

関東管領とは室町幕府が設置した鎌倉府の鎌倉公方を補佐するために設置した役職名で9代目からは上杉家が世襲しています。(ちなみに憲政は26代目、謙信は27代目です。)

この頃の上杉家「山内上杉」「扇谷上杉」「犬懸上杉」などに分かれていて関東管領職も18代目からは「山内上杉」が世襲することになります。

話はそれますが、謙信公の出身の長尾家山内上杉の家宰(家老)の家柄で、初めて江戸城を築城した太田道灌扇谷上杉の家宰を務めた家柄です。

戦国時代の大名は主に「守護大名」「戦国大名」に分かれますが、「守護大名」は室町時代からの大名で守護職を任命されている家柄で、「戦国大名」は元は守護大名の直臣や陪臣などが下剋上により大名のし上がったものを言います。

ちなみに戦国時代での「守護大名」上杉氏武田氏今川氏などがそれにあたり、「戦国大名」では織田氏松平氏松永氏朝倉氏などがあげられます。

(話はどんどんそれますが、織田信長出身の織田氏は守護大名の斯波氏の守護代の家柄でさらに信長はその分家の出身です。)

だんだん調べていると話があちこちに飛び、頭の中が混乱してきますね!!

話を戻しますφ(・ω・ )

弘治3年(1557年)、憲政は長尾家から景虎(後の謙信)を養子に迎え、永禄4年(1561年)3月には鎌倉鶴岡八幡宮において長尾景虎関東管領職を譲渡しました。

このとき、景虎に上杉姓と「政」の字を下賜して上杉政虎と名乗らせ、同時に山内上杉家の家督、系図、重宝も譲渡しました。

その後謙信が死去すると、その養子である景虎と景勝との間で家督をめぐる争い『御館の乱』が勃発し、旧山内上杉家臣に北条氏との関係を重視する意見もあって、憲政は景虎を支持したとされています。

景虎は憲政の居館である御館に立て籠もり抵抗を続けるも窮地に立たされ、天正7年(1579年)、憲政は景虎の嫡男・道満丸とともに和睦交渉のため、春日山城の景勝のもとに向かいましたが、二人とも景勝方の武士によって討たれました。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 30代オヤジへにほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 北海道情報へ

↑↑ブログ村ランキングに参加してます。

押していただけると励みになりますので応援よろしくお願いします(*゚▽゚)ノ彡

|

« ほぼ初めての美容室!! | トップページ | いかめし!? »

映画・テレビ」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

しばらくでした~(*^_^*)
>話はそれますが・・・
それたお話が面白いですね(笑
どんどんそれて下さい~
詳しくて参考になる事柄ばかりですよ。
流石です!
またお勉強にお伺いさせてくださいね。


ポチッ!ポチッ!

投稿: ayumu | 2009年3月23日 (月) 04時42分

ayumuさん>そう言っていただけるホント励みになります
これからもどんどん書いていきますよ~!!

応援クリックありがとうございます

投稿: kinanpo | 2009年3月23日 (月) 11時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ほぼ初めての美容室!! | トップページ | いかめし!? »