« ドラマ『三国志』 | トップページ | ソフトな練習試合。 »

2009年7月 9日 (木)

『ガンダムUC』2巻読破!!

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 30代オヤジへ1日1クリックお願いしますm(__)m

バナージ・リンクスは一度はオードリー・バーンに拒絶され、また「ずれ」を感じる日常に戻ります。

しかし、突然コロニー内でMS戦起こり、オードリーの安否を気遣うバナージは彼女を捜しコロニー造成区域へ向かいます。

そして、そこで出会う謎のMS『ユニコーンガンダム』を瀕死の状態の実の父カーディアス・ビストから託され、バナージは戦場への一歩を踏み出すことになりました。

『ガンダム』では『ファースト』からの王道、コロニー内の戦闘に巻き込まれ偶然ガンダムに乗り込み、戦争に巻き込まれていくというパターンを色濃く継承しています。

そして『袖付き』(ネオ・ジオン)、『ロンド・ベル』隊(地球連邦軍)、『エコーズ』(地球連邦軍)の関係は一見三つ巴の戦いが窺えるのは、『Zガンダム』を連想してしまいます。

今までと違ったところといえば、「ラプラスの箱」がこの物語のカギとなってまして、連邦政府の体制を覆し世界を変えることのできるものだそうです。

この「ラプラスの箱」がどういうものかはまだ不明で今後の展開で明らかになっていくと思います。

その道標として『ユニコーンガンダム』が設定されています。

機動戦士ガンダムUC 2 ユニコーンの日(下) (角川コミックス・エース 189-2)

2巻の後半でやっと『ユニコーンガンダム』が始動するところをみると、もしや『ガンダムUC』は映画では(?) と思ってしまいますね~( ̄ー ̄)

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 30代オヤジへにほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 北海道情報へ

↑↑ 今日のランキングは何位か!?

|

« ドラマ『三国志』 | トップページ | ソフトな練習試合。 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

ガンダム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ドラマ『三国志』 | トップページ | ソフトな練習試合。 »