« あられ!?雹!? | トップページ | 週末は金沢へ!! »

2009年10月12日 (月)

『ガンダムUC』6巻読み終わりました!!

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 30代オヤジへ1日1クリックお願いしますm(__)m

先日やっと6巻読み終わりました。

読んでる途中『20世紀少年』『PLUTO』の差し入れがあり、ちょっと中断してましたが2作品が読み終わってから一気に読みました!!

結局読み始めてから終わるまでほぼ1ヶ月かかってしまいましたよ(;´Д`A ```

この巻では大気圏突入時に〈ガランシェール〉バナージユニコーンは救助され次にラプラスプログラムが示した座標、連邦政府の首都であるダカールに降り立つため地上のジオン残党と共闘してダカール侵攻を画策します。

しかし〈ガランシェール〉は予想コースを外れ、アフリカ大陸・サハラ砂漠に降り立つことに。

砂に埋もれた〈ガランシェール〉はMSを使っても出すことが出来ない状態で、救援部隊を呼ぶために、ジンネマンバナージは歩いて砂漠を渡ることになります。

その後連邦政府首都ダカールへと赴いたジンネマンバナージは、マハディ・ガーベイと会い、「ラプラスの箱」奪取に燃えるマハディがダカール制圧作戦を提案。

そしてマハディ・ガーベイの乗るシャンブロのダカール侵攻戦が始まります。

しかし、無関係の避難民まで巻き込むマハディの非情なやり方に、娘のロニは戸惑いを隠せない。

一方オードリーは依然政治家宅に足止めをくらい、彼女を地球に連れ出したリディは実家の政治的背景に絡めとられていきます。

また、リディの父ローナンの元にはロンド・ベル司令であるブライト・ノアが訪れていて、再びブライトは戦場へ向かう道を選択することに…。

戦況を見守る〈ガランシェール〉内では、首都の惨状を見かねたバナージジンネマンに抗議し乱闘騒ぎになってしまい、バナージは自らの意思でシャンブロの進行を阻止するためにユニコーンで出撃。

〈ラー・カイラム〉から駆けつけたリディと共に、荒れ狂うシャンブロを止めるためユニコーンデルタプラスが共闘します。

そしてシャンブロを破った後に「黒いユニコーン」バンシィが登場。

機動戦士ガンダムUC(6)

ダカールの決戦『ファースト』「ジャブロー戦」に相当する感じと、ネオ・ジオンと連邦を行ったり来たりするバナージの立場が興味深いですね!!

このような立場の主人公は今までのシリーズにはなかったような…!?

そしてついに登場したブライト・ノア

ブライトが登場したことによって物語がやっと『逆襲のシャア』からつながったような気がします。

今後の彼の行動に期待せずにはいられませんね!!

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 30代オヤジへにほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 北海道情報へ

↑↑今日のブログ村ランキングは?

|

« あられ!?雹!? | トップページ | 週末は金沢へ!! »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

ガンダム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あられ!?雹!? | トップページ | 週末は金沢へ!! »