« 塩ぽんず | トップページ | 車の中で... »

2010年11月17日 (水)

御簾通行屋(旧黒岩家)

201011171402000

札幌市南区の簾舞(旧国道230号線沿い)にある簾舞通行屋は、1872年(明治4年)から1884年(明治17年)まで簾舞で営まれた官営の旅館で、当時は石狩国札幌郡だったそうです。

明治政府の命を受けて屋守となった九州出身の黒岩清五郎が、この辺りの最初の日本人定住者として通行人に宿を提供しつつ周辺の開拓に取り組みました。

開拓使が当時、湯治場として有名だった定山渓に行く時に休息する場所としても使われていたようです。

通行屋の廃止後は建物は黒岩家の住宅になり、同時に地域の公共利用のためにも使われました。

1985年に明治時代の姿に復元され、今では簾舞郷土資料館として利用されています。

札幌市内に現存する唯一の通行屋であり、「旧黒岩家住宅(旧簾舞通行屋)」として札幌市指定の有形文化財となっています。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 30代オヤジへ

ポチっとクリックして頂けるとありがたや~m(__)m

|

« 塩ぽんず | トップページ | 車の中で... »

散策」カテゴリの記事

コメント

いつも黄金湯温泉にいくときにこの前をとおります。気にはなっていたところなので、興味深く読みました。ありがとう!!
寒くなりました!!今日、ストレッチングサロンで、リフレッシュしてきます!!昨年の富士登山以来の腰痛がかなり改善しました。私はそろそろ西体に通いたいと思います!!

投稿: ソフィー | 2010年11月20日 (土) 06時34分

ソフィーさん>体を動かすことはいいことです!!
頑張ってください。
自分はもう少しじっとしてます( ̄◆ ̄;)

投稿: kinanpo | 2010年11月22日 (月) 22時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 塩ぽんず | トップページ | 車の中で... »