アニメ・コミック

2012年9月13日 (木)

『ジョジョの奇妙な冒険』

最近また『ジョジョ』にハマってます(*゚ー゚*)

以前にもハマったことがあって全巻買い揃えたことがあるんですが、数年ぶりにまた読み返したくなっています。

もしかしたら十数年ぶりかも!?

きっかけは先月のお盆に大奥の実家に帰省していた時、退屈しのぎになにげに古本屋で買ってからです。

たぶん、ちょっと前に「アメトーーク」でジョジョ芸人の放送を見たからでしょうね~(*´v゚*)ゞ

Topl

第1部のジョナサン・ジョースター『ファントム・ブラッド』は一通り読み終えました!

第3部の空条承太郎『スターダスト・クルセイダーズ』、第4部の東方杖助『ダイヤモンドは砕けない』、第5部のジョルノ・ジョバーナ『黄金の風』はところどころ読んでるんですが、第2部のジョセフ・ジョースター『戦闘潮流』がなかなか手に入りません(*´Д`*)

古本でですけど…(*´ェ`*)

一番好きな作品なんですよね~!

ちなみに『ジョジョの奇妙な冒険』は自分が中学生くらいの時に連載が始まって、いまだに連載が続いています。

現在は第8部『ジョジョリオン』という作品が続いてるそうです。

第6部の空条徐倫『ストーンオーシャン』までは、第1部のジョナサン・ジョースターの血統で話は繋がってますが、第7部の『スティール・ボール・ラン』からはまったく別な話になってるようです。

『スティール・ボール・ラン』は当初は『ジョジョ~』のタイトルはなかったように思うんですが…。

とにかく20年以上続いている行きのなが~い作品です。

来月あたりから『ファントム・ブラッド』のアニメも放送されるらしい(*^.^*)

| | コメント (0)

2010年11月13日 (土)

episode 2 『赤い彗星』

昨日『ガンダムUC』2巻買ってきました!!

DVDの1巻が発売されたのが今年の三月で、それから8ヶ月…。

間が長すぎる┐(´-`)┌

ようやく楽しみにしていた2巻が発売されました!!

epsode 2 〈赤い彗星〉 いよいよフル・フロンタルと搭乗機「シナンジュ」の登場。

ビスト財団現当主カーディアスが父であることを明かされたバナージは、『ラプラスの箱』の鍵となるモビルスーツ「ユニコーン」を託されクシャトリアと交戦後ロンド・ベル所属のネェル・アーガマに収容なされるところから始まり。

そこで再びオードリーと出会い、いよいよフル・フロンタルの「シナンジュ」と交戦。

今回は「袖付き」の拠点であるパラオに収容されたところまです。

フル・フロンタルの声はもちろんシャアと同じで、他にもファーストを彷彿させる効果音などがところどころにちりばめられてます!!

ちなみにこの「episode 2」の見どころでもあるフル・フロンタルの素顔なんですが、自分の印象ではシャアとは別の顔のような気がします。

髪型が違いすぎるからか!?

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 30代オヤジへ

ポチっとクリックして頂けるとありがたい!!

機動戦士ガンダムUC(ユニコーン) 2 [DVD] DVD 機動戦士ガンダムUC(ユニコーン) 2 [DVD]

販売元:バンダイビジュアル
発売日:2010/11/12
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0)

2010年10月30日 (土)

『修羅の門』復活!!

先日コンビニで立ち読みをしていたら何気に目に入ってきた月刊マガジン。

ふと表紙を見ると『修羅の刻』

久しぶりだなと思い手にとり読んでみようとしたら何かが違う!?

14年ぶりに『修羅の門』がスタートされていました!!

修羅の門(31) (月刊マガジンコミックス)

『海皇紀』の合間、たまに連載される『修羅の刻』は楽しみにしていましたが、まさか『修羅の門』がまた連載されるとは思いませんでしたね~。

ホント、何度読みなおしたかわからないくらい読みました!!

もちろん『修羅の刻』も!

神武館の「龍造寺徹心」や「海堂晃」、鬼道館の「片山右京」、統一王座編の「アリオス・キルレイン」、ヴァーリ・トゥード編のレオン・グラシエーロ…懐かしいなぁ~。

もう何年も読んでないので、また読み返してみようかな!?

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 30代オヤジへ

ポチっとクリックして頂けると幸いです(*゚▽゚)ノ

| | コメント (0)

2010年10月11日 (月)

バキ芸人じゃありませんが…

以前アメトーークでやっていた「バキ芸人」

それ見て以来ハマっています!!

大人買いしてしてしまうといっぺんに読んでしまうので、コツコツと買い集めました。

Dscf6627

20年続いている漫画で『グラップラー刃牙』『バキ』『範馬刃牙』の3部構成になっていて現在も連載中です。

外伝、花山薫の『疵面-スカーフェイス-』も面白いよ!

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 30代オヤジへ

ポチっとクリックして頂けると幸いです(*゚▽゚)ノ

| | コメント (2)

2010年5月19日 (水)

『はじめの一歩』

ここ数日『はじめの一歩』のDVDにハマってます!!!

原作は多分学生の頃から見ていて、週刊マガジンではいまだに連載されていますね!

DVDはかなり前に一度観てるんですが、最近レンタルで新しいシリーズが出てることを知り借りて観ました。

はじめの一歩 VOL.1 [DVD]

前のシリーズは主人公の幕之内一歩が日本チャンピオンになり、その後テレビスペシャル『はじめの一歩 Champion Road』で一度目の防衛対真田戦と、OVA『はじめの一歩 間柴vs木村 死刑執行』で終わってました。

はじめの一歩 New Challenger VOL.1 [DVD]

新しいシリーズの『はじめの一歩 New Challenger』では宮田が東洋太平洋タイトルに挑戦するところから始まってます。

これを観てまた最初からみたくなり、またせっせとDVD借り直してます(*´Д`*)

DVD全25巻+2枚あるうち今ようやく10巻まで借りて8巻まで観終わりました!!

ちなみに東日本新人王準決勝戦で宮田が間柴に敗れたところです。

早くデンプシーロールが見たい(* ̄ー ̄*)

それと後半のエンディングの曲は先日ライブを見に行ったサーベルタイガー『ETERNAL LOOP』

この曲がまたイイ!!

でも、まだまだ先は長い…。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 30代オヤジへ今日の【30代オヤジ】ランキングは!?

  ~~あなたのポチが励みになりますm(__)m~~

| | コメント (0)

2010年3月13日 (土)

『ガンダムUC』DVD発売!!

待望の『ガンダムUC episode1』のDVDが昨日発売され、やっと見ることができました。

『逆襲のシャア』から3年後の宇宙世紀0096年の世界を描き、「宇宙世紀誕生」「1年戦争」の発端となった「ラプラス事件」から物語が始まり、「ラプラスの箱」をめぐりそのカギとなる「ユニコーンガンダム」に主人公バナージ・リンクスが乗り「ラプラスの箱」の真相に迫る。

Dscf5635

『逆襲のシャア』から続く物語として話題になり、特に『ファースト』世代(30代後半から40代前半かな!?)のためのガンダム作品と言われていて、自分も映像を見るのを楽しみにしていました!!

思いおこせば、去年の6月くらいから小説版を読み、本当は読み終わってからDVDを見るつもりでした。

半年以上かけて9巻まで読み終わり、10巻をあと数十ページ残してDVDを見てしまったことだけが悔やまれます(*´Д`*)

昨日発売された『episode1』は宇宙世紀誕生・ラプラス事件から始まり、バナージとオードリーが出合い、そしてカーディアス・ビストからユニコーンガンダム託されるところまででした。

余談ですが、サイアム・ビストの声優に永井一郎(「サザエさん」の波平さんの声優)を起用することにより、ファーストガンダムにおけるナレーションはこのサイアムによる物という意味を含ませているようです。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 30代オヤジへポチっとお願いします。

  ~~励みになりますm(__)m~~

機動戦士ガンダムUC#ユニコーン# 1 [DVD] DVD 機動戦士ガンダムUC(ユニコーン) 1 [DVD]

販売元:バンダイビジュアル
発売日:2010/03/12
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0)

2009年10月12日 (月)

『ガンダムUC』6巻読み終わりました!!

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 30代オヤジへ1日1クリックお願いしますm(__)m

先日やっと6巻読み終わりました。

読んでる途中『20世紀少年』『PLUTO』の差し入れがあり、ちょっと中断してましたが2作品が読み終わってから一気に読みました!!

結局読み始めてから終わるまでほぼ1ヶ月かかってしまいましたよ(;´Д`A ```

この巻では大気圏突入時に〈ガランシェール〉バナージユニコーンは救助され次にラプラスプログラムが示した座標、連邦政府の首都であるダカールに降り立つため地上のジオン残党と共闘してダカール侵攻を画策します。

しかし〈ガランシェール〉は予想コースを外れ、アフリカ大陸・サハラ砂漠に降り立つことに。

砂に埋もれた〈ガランシェール〉はMSを使っても出すことが出来ない状態で、救援部隊を呼ぶために、ジンネマンバナージは歩いて砂漠を渡ることになります。

その後連邦政府首都ダカールへと赴いたジンネマンバナージは、マハディ・ガーベイと会い、「ラプラスの箱」奪取に燃えるマハディがダカール制圧作戦を提案。

そしてマハディ・ガーベイの乗るシャンブロのダカール侵攻戦が始まります。

しかし、無関係の避難民まで巻き込むマハディの非情なやり方に、娘のロニは戸惑いを隠せない。

一方オードリーは依然政治家宅に足止めをくらい、彼女を地球に連れ出したリディは実家の政治的背景に絡めとられていきます。

また、リディの父ローナンの元にはロンド・ベル司令であるブライト・ノアが訪れていて、再びブライトは戦場へ向かう道を選択することに…。

戦況を見守る〈ガランシェール〉内では、首都の惨状を見かねたバナージジンネマンに抗議し乱闘騒ぎになってしまい、バナージは自らの意思でシャンブロの進行を阻止するためにユニコーンで出撃。

〈ラー・カイラム〉から駆けつけたリディと共に、荒れ狂うシャンブロを止めるためユニコーンデルタプラスが共闘します。

そしてシャンブロを破った後に「黒いユニコーン」バンシィが登場。

機動戦士ガンダムUC(6)

ダカールの決戦『ファースト』「ジャブロー戦」に相当する感じと、ネオ・ジオンと連邦を行ったり来たりするバナージの立場が興味深いですね!!

このような立場の主人公は今までのシリーズにはなかったような…!?

そしてついに登場したブライト・ノア

ブライトが登場したことによって物語がやっと『逆襲のシャア』からつながったような気がします。

今後の彼の行動に期待せずにはいられませんね!!

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 30代オヤジへにほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 北海道情報へ

↑↑今日のブログ村ランキングは?

| | コメント (0)

2009年10月 6日 (火)

『PLUTO』

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 30代オヤジへ1日1クリックお願いしますm(__)m

先日『20世紀少年』と一緒に借りた本で、今ハマって読んでいます。

作者は浦沢直樹で、手塚治虫『鉄腕アトム』のエピソードのひとつである「地上最大のロボット」のリメイク作品。

2002年冬、手塚治虫の息子である手塚眞にその許諾を求めるが、一度断られるもののその後の熱心なラブコールで「地上最大のロボット」のリメイクの了承を得た作品です。

2003年9月より「ビッグコミックオリジナル」にて連載がスタートしました。

リメイクを了承した席で手塚眞浦沢直樹に、単なるリメイク作品ではなく浦沢直樹の作品として描くことを要望したため、アトムをはじめとするキャラクターデザインやストーリー設定の一部には浦沢流のアレンジが加えられています。

この作品はアトムが主人公ではなく、原作では脇役として登場したドイツの刑事ロボット「ゲジヒト」が主人公として描かれています。

                                            《WIKI参照》

PLUTO (1)

『鉄腕アトム』の原作はあまり読んだ記憶がないので詳しくは語れませんが、本作には「ロボットの人権」というテーマが含まれていて、ボクの好きな映画でロビン・ウイリアム主演の『アンドリューNDR114』と通じるものがあるかなと思って読んでます!!

アンドリューNDR114 [DVD]

『アンドリューNDR114』はある家庭で購入されたお手伝いロボットがその環境の中で、次第に人間になりたいという願望を持ちはじめ、200年に渡って人間の心を育み、またロボットから人間になるための障害を乗りこえていく様子を描いた描いた作品です。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 30代オヤジへにほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 北海道情報へ

↑↑今日のブログ村ランキングは?

| | コメント (0)

2009年9月22日 (火)

『20世紀少年』

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 30代オヤジへ1日1クリックお願いしますm(__)m

先日大奥の友人が『20世紀少年』の単行本を持ってきてくれました。

前に持っているのを聞いていたんですが、こんなに早く持ってきて聞くれるなんて!!

しかも連休中なのでじっくり読ませていただいております( ̄ー ̄)

自分はあまり邦画は見ない方なんですが、最近ハマったのが『20世紀少年』で原作も読んでみたいなと思ってたところでした。

映画はほとんど原作に忠実で、キャラ設定もそっくりでしたね~!!

登場人物なんか最初に俳優ありきで考えているのではと思うくらいです。

200909221914001

3作目は今映画でやってるから、DVDになるまではもう少しかかるかな?

それまでに1作目と2作目をもう一回見てみよう(゚▽゚*)

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 30代オヤジへにほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 北海道情報へ

↑↑今日のブログ村ランキングは?

| | コメント (2)

2009年9月11日 (金)

『ガンダムUC』ようやく5巻目!!

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 30代オヤジへ1日1クリックお願いしますm(__)m

『機動戦士ガンダムUC』もようやく5巻を読み終わりました(゚▽゚*)

全部で10巻まであるはずですから、残り半分ですね!!

とりあえず7巻までは買ってあります( ̄ー ̄)

機動戦士ガンダムUC (5)    ラプラスの亡霊 (角川コミックス・エース (KCA189-6))

5巻はパラオ攻略戦から2日が経過したネェル・アーガマに、さらなる任務が言い渡されるところから始まります。

「箱」へ導くラプラス・プログラムを搭載したユニコーンがパイロットのバナージをシステムに取り込んで殺戮マシーンと化し、クシャトリヤに乗ったマリーダを一方的に蹂躙し瀕死の重傷を負わせてしまいます。

バナージはその後悔とユニコーンを託した父カーディアスに疑念と恐れを抱き、もう二度とユニコーンに乗らないことを決意します。

一方、地球をめざしたオードリーは、「箱」をめぐる争いを終息させるべくリディの父ローナンに働きかける為、リディの故郷であるアトランタの地に降り立っていました。

リディは地球連邦政府初代首相リカルド・マーセナスの子孫にあたり、父ローナンは現在も多大な影響力をもつ政治家です。

ですが、リディは父の口からマーセナス家直系にだけ伝えられてきた、「箱」にまつわる真実を知り、オードリーをこの地へ連れてきてしまったことを後悔することになります。

ネェル・アーガマではユニコーンへの搭乗を拒んでいたバナージは、エコーズダグザとともにユニコーンで指定座標《宇宙世紀の始まり「首相官邸ラプラス」》があった宙域に向かいます。

地球の低軌道上を周回する「ラプラス」の史跡に到達したユニコーンを待っていたのは、初代首相リカルド・マーセナスの“声”でした。

それはユニコーン自体から発信されるリカルドの演説で、バナージの意識の奥深くに浸透し、ユニコーンのサイコフレームが赤い輝きを発しはじめます。

そのタイミングをはかったかのように「袖付き」の強襲が始まり、襲来する赤いMSシナンジュ、それにジンネマンたちガランシェールの部隊も出撃します。

敵も味方も知るバナージを見て、ダグザは自分の役割を果たすためにと、自分で自分を決められるたったひとつの部品“心”をなくすなと、バナージに後を託しユニコーンを降りました。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 30代オヤジへにほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 北海道情報へ

↑↑今日のブログ村ランキングは?

| | コメント (0)